みんな電力、東京のナイトシーン 再エネ100%化を宣言 / 「顔の見える電力™」のみんな電力
今すぐお申込み 料金シミュレーション

NEWS

Info

みんな電力、東京のナイトシーン 再エネ100%化を宣言

~再エネ100%オンラインフェスに代表 大石が登壇~

 

電気の生産者や空気の「顔の見える化」など、みんなの力で社会をアップデートする、みんな電力株式会社(所在地:東京都世田谷区 代表取締役:大石英司)は、9月13日(日)に東京タワーからオンライン配信された再生可能エネルギー100%フェス「#MDL Renewable energy of music」に協賛しました。

同フェス内で行われ、再エネ普及をテーマにしたカンファレンスに代表取締役 大石英司が登壇し、環境省 環境再生・資源循環局 川又孝太郎氏、いとうせいこう氏、イベント実行委員会らと共に「東京のナイトシーン、ダンスミュージックシーンを再エネ由来の電力に切り替えていこう」と意気込みを宣言しました。

 

 

 

 

1.「#MDL Renewable energy of music」 カンファレンス要旨

 

●実施日時・場所

2020年 9月13日(日) 20:10~20:50 東京タワーメインデッキ

 

●討論テーマ

「東京タワーの夜景から見える、東京のナイトシーンを再生可能エネルギーにしていくためには? 」

…日本のエンターテイメント業界、ひいては日本全体が再エネに関心を持ち、切り替えていくにはどのような取り組みが必要なのかを議論しました。

 

●登壇者

環境省 環境再生・資源循環局 川又孝太郎氏

いとうせいこう氏

一般社団法人JDDA代表理事 Watusi氏

みんな電力株式会社 大石英司

 

当日飛び入り参加 :東京都都議会議員 入江のぶこ氏 他

ファシリテーター :TOKYO DANCE MUSIC WEEK 2020 実行委員⻑ Naz Chris氏

 

●主なコメント内容

<みんな電力 大石>

・アーティスト、配信をご覧いただいているファンの皆さんなど、音楽に関わる方たちにもっと再エネに関心を持ってほしいという思いで協賛し、今回のカンファレンスにも参加させていただいた。配信を行っている電力もどこかの発電所で生まれており、自分の家のコンセントの向こう側はどこの生産者につながっているのだろう?とぜひ考えてみてほしい。

 

・気候変動は壮大で身の丈以上の問題に感じるかもしれないが、家庭から排出されるCO2の約半分は電気によるもの。ぜひ再エネ由来の電力プランに関心を持っていただきたい。自治体や企業は気候変動対策を一生懸命やっているので、あとは国民の皆さんの意識が変われば大きな力になる。

 

・東京タワーの電力も福島県の復興支援につながる再エネ電気を購入するなど、今回を機にぜひ取り組んでいただきたい。

 

 

 

<環境省 川又氏>

・日本は、まだまだ再エネが遠い世界に感じる方が多いと思う。ドイツは15年前から政府主導で地道に再エネを増やし、メディアも巻き込んで発信し、市民にも少しずつ浸透してきている。日本にも決してできないことではない。気候変動が私たちの生活の脅威になっていることを、もっと多くの方に認識していただきたい。

 

・環境省も小泉大臣がイニシアチブをとり、2030年までに再エネ100%にすると宣言した。新宿御苑も再エネに切り替えたが、電気料金はほぼ変わっておらず、再エネ自体はコストが下がってきている。電力会社を変えると供給が不安定になるのでは?と心配される方も多いが、電力自由化を通じて送配電事業者、小売電気事業者は分離しているので安心してほしい。

 

・「2050年CO2排出実施ゼロ表明」を152の自治体(総人口は日本の過半数を超える)が宣言をした。自治体は動いているが、国民一人ひとりにはまだまだ知られていない。今回のように、自治体の枠を越えてアーティストの皆さんが再エネを周知してくれる取り組みはとてもありがたく、応援していきたい。

 

 

<いとうせいこう氏>

・再エネの発電技術も例えばソーラーシェアリングや木製ねじを使うソーラーパネルなどの進歩がある。再エネのイメージを変えていく必要がある。

・ラスベガスのナイトシーンは環境問題に意識的であり、テクノロジーを使って実現しているというブランディングができている。ぜひ東京都も同じように取り組んでほしい。

 

 

<Watushi氏>

・コロナ禍でネガティブになりがちだからこそ、大量に電気を使ライブハウスやリハーサルハウスが再エネ切り替えをすることは先に進むための一つの手段であると思う。

 

 

 

2.「#MDL Renewable energy of music」 開催概要

東京のシンボルであり、エネルギーの象徴・電波塔である東京タワーのメインデッキからトークイベントおよびライブをオンライン配信。当社の参画を通じて再エネ100%※1の電力で運営されました。

※1 イベント運営にかかった使用電力量から算出したCO2排出量に対し、J-クレジット(再エネ由来)購入を通じてカーボン・オフセットを行いました

 

●実施日時・場所

2020年 9月13日(日) 18:00~22:10 東京タワーメインデッキ(東京都港区芝公園4‐2‐8)

 

配信方法

東京タワー公式チャンネル https://youtu.be/NxMC4e1A8Sg

J-WAVE公式チャンネル  https://www.youtube.com/user/jwavechannel

#MDL 公式チャンネル https://www.showroom-live.com/005d53907562

 

●タイムスケジュール・出演者

18:00~18:20 永峯恵&RUDIE JAP(再エネ民謡)

18:20~19:00 DJ 須永辰緒

19:00~19:20 野宮真貴 with DJ 須永辰緒

19:20~19:45 DJ 須永辰緒

19:50~20:10 サイプレス上野とロベルト吉野

20:10~20:50 カンファレンス

20:50~21:10 小泉今日子

21:10~22:10 大沢伸一

 

(写真) 永峯恵&RUDIE JAP

 

 

●主催  

MUSIC DON’T LOCKDOWN実⾏委員会

 

協賛  

みんな電力株式会社 など

 

詳細はイベントHPをご覧ください https://tokyodancemusicweek.com/

 

 

 

3.今後の展開

今後もこのたびの協賛のような異業種とのコラボレーションに取り組むことで、再エネ切り替えに対する社会的関心を高め、気候変動問題の解決に貢献していきます。