みんな電力に入ってしまった訳 / みんな電力 RECRUITMENT

みんな電力に入ってしまった訳

2019年度新入社員

— 入社理由 —

上山
自分のビジョンの中に、食やエネルギーなど分野を問わず「集中から分散へ」という軸がありました。本当は大学4年生で環境や農業について学ぶために留学を考えていたのですが、奨学金の選考に落ちたので留学を諦め「日本でできることをやろう」と思い、生活費を稼げて自分の軸に沿うようなインターン先を探していました。そんなタイミングで、ある雑誌の編集長の方が「みんな電力へ取材に行くけど付いてくる?」と誘ってくださったので、同行して大石代表に話をしたら「じゃあ、うちで働けば?」と言ってもらいインターンを始め、今に至ります。ビジョンの部分で、自分の軸と会社の軸が重なっていることが一番大きいです。
長島
「顔の見える電力」というコンセプトに共感し、この会社であれば自分のやりたいことができると思い入社しました。顔の見える関係が素敵だなと思うようになったきっかけがあります。大学生の頃に所属していたNPOで、福島の有機農家を訪ねる機会があったのですが、そこで食べた料理が本当に美味しかったです。食材は全て有機農家さんが育てたもので、どのような想いで農業をしているのか聞くことができました。この経験から、自分が食べるものや着る服が、「どのような人がどのような想いで作っているのか」という生産者の気持ちを知ってから食べたり着たりする方が、心が豊かになると気づきました。NPOでの活動が、みんな電力で活かせると思い最終的に入社しました。ちなみに、みんな電力を知ったきっかけもこのNPO活動でした。

— 休日の過ごし方 —

上山
毎週日曜日は、大学の頃から続けているアメリカンフットボールの練習に行っています。デザインや歴史や遺伝子、フランス語など学びたいことが多くあるので、もっと本を読む時間を取りたいと思っています。
長島
週末は横浜市の有機農家さんを訪ねて、一緒に野菜を育てています。私自身が横浜市出身ということもあり、有機農家さんと付き合うようになってからは、地元で採れた野菜を食べられるようになりました。

— 学生時代 —

上山
大学4年間ほぼアメフトに没頭していました(笑)
特に大学1~2年生はアメリカンフットボールばかりをやっていました。骨折したり、思ったようなプレーが出来なかったりと苦しい思い出の方が多いですが、とても学びが多い時間でした。3年生から専攻を「アジア史」にして研究に没頭している頃に就職活動の時期となり、将来自分は何をしたいのか真面目に考え始めました。後にみんな電力との出会いの場となる「オルタナ」のインターンシップに参加しました。勉強会や書籍を通して色んな知識や事実に触れ、自分の軸は「集中から分散へ」というテーマであり、中でも食やエネルギー分野が根幹だなという感覚を得ました。
長島
体育会サッカー部に所属していました。早朝にグランドへ行き練習をして、終わってから学校に向かい、放課後はNPOの活動と充実した毎日を送っていました。
また卒業後1年間は就職せずに、世界中を旅しながら環境分野のボランティア活動をしていました。社会に出て働く前に、どうしても環境問題の現場を見たいと思ったからです。たくさんの事を学び、自分がどのように働きたいかをじっくり考える期間にもなりました。

— 業務内容 —

上山
「電源調達」といって、電気の仕入れ部分の営業を行っています。全国にある再生可能エネルギー由来の発電所から電気を仕入れるために、みんな電力に電気を売ることのメリットを説明して理解してもらうのが仕事です。変にゴリゴリと売り込む営業ではないですし、皆さん「顔の見える電力」をかなり気に入って頂けるので楽しいです。
長島
個人のお客様に加入していただくための施策を考えたり、既存のお客様に満足いただけるようなサービスを提供するのが主な仕事です。「発電所見学ツアー」といったイベント企画や、お客様にお送りするレターの作成などをしています。また、契約いただいている法人企業の方々を対象に、再生可能エネルギーについての勉強会なども実施します。
稀にイベントに「スピーカー」として呼んでいただき登壇することもあります。

— みんな電力の良いところ —

上山
様々なタイプの社員がおり、スタッフ間の仲がいいところです。また、いつも程よい距離で見守ってくれるので安心して様々なことに挑戦できる点も、みんな電力でよかった点の1つです。
長島
普段の会話やミーティングの中で“否定”されることがありません。
「面白くて儲かる仕事をしよう!」というポジティブな社風が社員に浸透しているので、
新しいアイディアがたくさん生まれるような環境です。自分らしく働くことができて毎日楽しいため良かったなと思います。

— 目標・夢 —

(一同)そんな先の目標や夢なんてわからないよね~(笑)
上山
「あいつに任せとけば大丈夫だろう」と信頼される存在になりたいです。その為にも今は様々なことにチャレンジし、試行錯誤しながら成長したいと考えています。直近の目標は、利益を出して会社に貢献することです。 将来は国内外問わず、支部や支社を任せられるような人材になりたいです。
長島
「顔の見える電力」のコンセプトをより多くの方に知っていただきたいです。
信じられないと思いますが、SNSを見ていると「みんな電力に切り替えました!」と投稿してくれる方がたくさんいます。それは再生可能エネルギーへのこだわりや、生産者の思いに共感して加入してくれているからです。実際に、お客様と話をすると「こだわって電気を選んだことで気持ちが豊かになった。」という声を聞きます。一人ひとりがこだわりを持って選択して消費をするような世の中になると良いなと思っています。 長期的な目標としては、みんな電力のような、働いている人が楽しく仕事ができるような団体を私自身が立ち上げたいです。
JOB LIST職種一覧

デバイスを縦にしてご覧ください