みんな電力に入ってしまった訳 / みんな電力 RECRUITMENT

みんな電力に入ってしまった訳

エンジニア・インターン生

— みんな電力を知ったきっかけ —

小澤
新郷君がみんな電力を知ったきっかけを教えてください。
新郷
一番はじめにみんな電力の名前を知ったのは、他のインターン先のご縁でした。Sustainable Japan(ESG分野での最新事例を紹介するウェブメディア)を運営している株式会社ニューラルの代表取締役で、みんな電力の顧問でもある夫馬賢治さんの元でインターンをしているのですが、彼から「面白い人がたくさんいる会社がある」と、みんな電力の存在を教えていただきました。その後大学院に進学し、再生可能エネルギー大量導入時代の新たな電力取引形態に関する研究に従事することになりました。そして、自分の研究分野の先端事例として、みんな電力の名前を聞く機会が増え、「一体どんな会社なのだろう?」と気になり始めました。
小澤
なぜみんな電力でインターンをしてみようと思ったのですか?
新郷
一つは、電力取引の研究を進めていくうちに、研究だけではわからないことがあると感じたからです。例えば、電気というのは特殊な商品で、基本的に備蓄することができません。発電したら、基本的にはその場で需要家まで送電して、その場で使わなければいけないです。電気の特殊性を考えたときに、自然の気まぐれを相手にする太陽光発電や風力発電などの発電側と、人間の気まぐれを相手にする需要側を、常時帳尻を合わせるようなシステムを考える上で、ひとつひとつの発電所や一人一人の需要家がどのような電気の作り方/使い方をしているかを把握することが重要だと自分は思います。しかし、研究室にはそのような具体的なデータはほとんど存在しません。
小澤
なるほど、研究だけはわからない実際のデータを把握したかったのですね。
新郷
また、”Sustainable Japan”でのインターン経験を通じて、先端的な取り組みを行っているプレイヤー(企業や団体)の内情を知りたいと強く思いました。例えば、RE100に取り組む企業一つをとってみても、その宣言を達成するために具体的にどんな人や組織と協力してどのような方策で進めていこうと考えているのか、その際に何がハードルとなり得るかなどは、なかなかプレスリリースやニュース記事だけからだと見えにくいと思います。
小澤
そもそも環境問題に関心を持ったきっかけは何だったのですか?
新郷
今までの話からもわかると思いますが、環境問題には昔から興味を持っています。その問題に、きちんと関わろうと決心したのは、大学学部時代に参加した「日米学生会議」という学生団体での経験がきっかけです。これまで海外志向も強く外へ外へと出て行こうとする大学生活だったのですが、日米両国の学生を日本においてホストするプログラムの運営をするにあたって、日本を見つめ直す機会が得られました。
小澤
日米学生会議ではどんなことをしていたのですか?
新郷
この会議では東京、京都の他に愛媛と三重にも訪れたのですが、特に三重県の伊勢志摩地方で現在も活動なさっている海女さんたちの文化やライフスタイルに衝撃を受けました。牡蠣やアワビ・海藻類などを素潜りで収穫するのですが、あんまり小さい貝は取ってはいけないとか、取っていい時期が決まっているとか、海女さんのコミュニティ内で自主的に設定されたルールがあります。そのルールが現代風な言葉で言えば「サステナブル」であるのですが、彼女たちの中ではもっと自然に生活に根ざしている価値観で、取りすぎたら後々自分たちが困るとか、「自分たちの営みも大きな自然の中の一部なのだ」ということを当たり前のように理解している様子で、その姿がとても印象的でした。
小澤
それが環境問題に興味をもったきっかけだったのですね。
新郷
その時、自分も社会も、こうした考え方を忘れないで生きていきたい!その方法を考えたい!と思いました。電力に関わっているというのもその時の経験から繋がっています。電力は二次エネルギーですが、一次エネルギーのうちのかなりの部分が電力に変換されて社会の中で利用されています。その電力の製造過程を上流に辿っていくと、結局は自然界のどこから資源をいただいてきているか、ということになります。そういうところにおのずと思いをいたせる社会にしたいです。

— 業務内容 —

小澤
私はインターンとして新卒採用活動やお客様インタビューをしていますが、新郷君はどんな業務をしているのですか?
新郷
8月にインターンとして入社してしばらくは、簡単な分析作業をしていました。もちろん個人情報を特定できないような形ではありますが、例えば、ログインのページに1日何人がホームページを訪れているのか、どんな年代がどのくらいの割合を占めるか、みんな電力のうったキャンペーンにどれほど効果があるか、などを定期的に調べて分析し、レポートを作成していました。
小澤
今は別の業務をしていると聞きましたが、どんなことしていますか?
新郷
現在はこれまでとは少し異なる仕事を任されていて、1日の電気使用パターンを予測して、応援で選ばれた発電所とどれほどのマッチング率を達成できるか表示する「マッチング支援ツール」を作成しています。さらにこれは少々野心的ではありますが、*JEPXの価格予測が将来できたらいいなと考えています。もし予測ができれば市場価格が高騰しそうな時点を事前に検知し、その時間帯に市場から電力をできるだけ調達しなくて済むような方策を事前に考える、といったことが可能になります。
*JEPX→電力卸売市場であり、電力の取引が行われています。
小澤
インターン生も自分のやりたいことや目的によって業務は様々ですよね。

— みんな電力の良いところ —

小澤
新郷君が思うみんな電力の良いところを教えてください。
新郷
自分の興味があること、やってみたいことを社員の方に相談すると、なんでも「やってみな」と言ってくれて、サポートしてくれるところです。また定期的に自分の進捗を確認してくれたり、自分にあっていると思った案件があれば誘ってくださったり、挑戦したい気持ちに対して真摯に向き合ってくれる環境はとても心地よいです。ただ、目的意識がぼんやりとしていると、社内で戸惑ってしまうかもしれません。暫定的でも全く構いませんし、どんなことでも面白がってくれる気風が社内にはあるので、仮にでもいいから自分の中で目的意識や目標を具体的に持って仕事をすることが、みんな電力で働く上で大事だと思います。
小澤
みんな電力の社員の人の印象はどうですか?
新郷
みんな電力で働いている皆さんは、一人一人が社会に対してこうしたいというビジョンをしっかりと持っていると感じました。そして、そのビジョンが仕事ときちんと結びついて噛み合っているな、という印象があります。みんな、人間としての価値観や目標の実現手段として仕事を捉えていると言い換えてもいいと思います。だからこそ社員さんとの付き合いも、仕事だけの付き合いというよりは、自分の人生全体に関わる全人格的な付き合いをしているような感覚になりますし、それがとても心地よいです。 

— 目標・夢 —

小澤
将来のビジョンはありますか?
新郷
「人間の生きている社会は自然の一部なのだ!」と当たり前のように感じられる社会へと変わる一助になりたいです。その上で、実現手段としてテクノロジーとビジネスはとても重要だと思っていますが、テクノロジー”だけ”、ビジネス”だけ”でなく、どちらも知っていて掛けあわせられる人間になりたいです。
小澤
同じインターン生として、新郷君の思いも含めて再エネを楽しく普及してきたいなと思います。
JOB LIST職種一覧

デバイスを縦にしてご覧ください