管理部 / みんな電力に入ってしまった訳 / みんな電力 RECRUITMENT

みんな電力に入ってしまった訳

管理部

— 入社理由 —

村山
前職は保険代理店の管理部門で、人事・経理など幅広くやっていました。
30歳の節目で、前職とは違う業界で活躍したいと思っていました。
その中で「ブロックチェーン」を利用した「顔の見える電力」というビジネスモデルを見て、おもしろいなあと思ったのがきっかけです。
IPOに携わりたい、ベンチャー企業が拡大していくフェーズに携わることで自分も成長したいという想いもあり、みんな電力はまさに自分のやりたいことが詰まっている会社だと思い入社を決意しました。
河村
みんな電力がどの企業よりも子育て世代に対して理解があると思い入社を決めました。多くの企業では「制度」ですでに決まっていることが多いように感じます。しかしみんな電力では社員みんなで理想の会社にするための仕組みを作っていったり、困ったときには相談できたりするところが魅力的です。
リモート勤務や時差出勤などの仕組みもあり、働きやすい環境が整っています。

— 普段の業務について —

村山
新規事業であるエアー事業の経理担当をしています。新しい事業なので、会計処理のフロー作りから始めています。前職とは業界も異なるため、会計処理の仕方も違い、学ぶことも多く、充実しています。
その他、監査法人の対応をしています。IPOを目指す上では、色々と準備が必要です。監査法人の指摘に対応しながら、毎日充実した日々を過ごしています。
河村
総務を担当しています。消耗品の発注、ドリンクバーの充実、契約書ファイリング作業など細かい作業が多いです。みんな電力のスタッフが働きやすい環境を作っていきたいと思います。

— みんな電力でのやりがい —

村山
IPOに携われることやエアー事業を一からみんなで立ち上げていくことにやりがいを感じます。壁にぶつかることも日常茶飯事ですが、その中で毎日のように新しい知識を覚えるのが新鮮ですし、自分自身が成長している感覚もあります。前職で監査法人の対応をしていたことや管理部として幅広くやってきたことも生きていると思います。
河村
ちょっとしたことでも社員の皆さんから感謝されたときには「役に立ててよかった」と感じます。管理部ですので会社の売上に大きく貢献することはありませんが、会社では「縁の下の力持ち」のような存在でありたいです。

— 将来の夢・目標 —

村山
直近の目標はIPOをすることです。上場することで社会からみんな電力の信頼をさらに高めることを目指しています。
F1が好きなので、いつかフォーミュラE(化石燃料を使用しない電気自動車のフォーミュラカーによるレース)に電力供給できたらいいなという夢もあります。
河村
総務の仕事に限らず、様々なことに挑戦したいと思います。
特に絵を描くことが好きなので、何かの機会に手描きイラストで会社の役に立ちたいと思っています。

— 入社を考える人に向けて —

村山
みんな電力はいろんな意味でおもしろい会社です。
提供しているサービス自体もユニークですし、社員の皆さんも色んな業界から来た方や専門的な知識を持っている方が多くいて、一緒に仕事をしていて楽しいです。
そんなみんでんの考え方や雰囲気が良いと思ってもらえたら嬉しいです。
河村
みんな電力はお菓子のバラエティパックのように色んな個性、様々なバックグラウンドの方が集まり、お互い認め合って働いています。「おもしろくて、儲かる仕事」を探して一緒に働きましょう!
JOB LIST職種一覧

デバイスを縦にしてご覧ください