みんな電力に入ってしまった訳 / みんな電力 RECRUITMENT

みんな電力に入ってしまった訳

管理部

— 入社理由 —

田中
転職活動では様々な企業を考え、実際にいくつかの企業の選考に進みました。
みんな電力の方々は決して偉ぶらず、誠実に対応していただいたので入社を決めました。
古川
IPO(株式公開)をしたいとずっと思っていました。みんな電力はそれが出来ると感じ、
入社を決めました。また世の中に良いことをしたいという想いもありました。

— 普段の業務について —

古川
乾電池がどこにあるかスタッフに教えるという仕事から、全申告までとかなり幅広いです。ベンチャー企業の管理部は全てを行う覚悟が必要になってきます。

— 仕事のやりがい、目標や夢 —

田中
あまり見えないところの部分ですが、本来かかるコストを減らすことが出来たときはやりがいを感じます。
目標は、私も古川さんと同じようにIPOをやりたいと思っています。
上場して知名度を上げたいです。
夢は、私はサーフィンが好きなので静かなところで海が近いところに住みたいと思っています。ガラパゴス諸島、南極などにも行きたいです(笑)
古川
お金関係の仕事で、一円単位でぴったり合った時の快楽はたまらないですね。
夢は、猫を助けるNPOを立ち上げたいと思っています。
また戸越銀座でかき氷とカレーを提供する飲食店をやりたいというのもあります。

— みんな電力の良いところ、こうしたらよいと思うこと —

古川
それぞれに自由があり、やりたいことが出来る会社なので、人に意地悪しようという人もいないところが良いですね。
ただし、数字に弱い人も結構いて(笑)
私たちがしっかりとサポートしていきます。
田中
一つのことにパワーを持って取り組む力があり、スピード感もありますよね。
それはそれぞれに面白い野望があるからだと思っています。
一方で、事前に管理部に相談してくれるともっとスムーズに進むことがあるので、
各チームだけで勝手に進めずに、相談できる部分はしてほしいです。
そのためには管理部自身も話しかけやすい雰囲気を作ることが重要だと思っています。

— 社内での取り組みについて —

田中
顧客満足度を上げるためには従業員満足度を上げる必要があると考えて、社内で様々な施策を考えています。その一つがサンキューボックス。日頃のちょっとしたありがとうと宛名を紙に書いて、ボックスに入れておきます。すると後日、書いてもらった人に届く仕組みになっています。
最初はあまり期待していなかったのですが、実は思っていた以上にサンキューカードが入っていたんです。働きやすい環境を整えることも私たちの仕事です。

— 休日は何していますか? —

田中
基本的に土日のどちらかは海に行き、サーフィンをしています。
他には本を読んだり、ランニングしたり、散歩したりという感じです。
古川
嫁と自転車で色んなところに行きます。
電動アシスト自転車の充電が切れるギリギリの場所を事前に調べておいてから出かけるようにしています(笑)

— 最後に一言 —

古川
自分が何者かなんて特に若い頃は分からないので、とりあえず会社に入ってみればいいと思います。それで嫌だったり、合わなければ辞めればいいんです。
この世の中に会社は本当にたくさんあるし、会社に入らなくても農家や、自営業など出来る事はたくさんあります!
田中
仕事って何をやるかよりも誰とやるかが大切だと思っています。みんな電力は入社前にスタッフ面談もあり、会社の雰囲気やスタッフの考え方なども理解できる場があるので、そこで自分との相性を見てもらえたら良いと思います。居心地がよい環境で働いてほしいです!
JOB LIST職種一覧

デバイスを縦にしてご覧ください