ブロックチェーンを活用した P2P 電力取引プラットフォームの開発について

2018.02.28

エネルギー・イノベーション・ベンチャー、みんな電力株式会社(東京都世田谷区 代表取締役: 大石英司) 、株式会社 Aerial Lab Industries(東京都港区 代表取締役:小松周平)と協同で実施する、ブロックチェーン技術を活用した P2P 電力取引プラットフォームの開発についてお知らせいたします。
このたび、発電量の30分値をトークン化して需要家に配分する基本概念設計を終え、個人間での電力取引(P2P取引)を模擬したシミュレーション試験を開始いたします。本プラットフォームをベースに、来る再エネ普及拡大社会を見据え、誰もが電力の生産者となり、誰もが電気を自由に選べるイノベーティブなサービスの開発を加速してまいります。

【プレスリリース】
プレスリリース(PDF)

【本プレスリリース関するお問い合わせ】
下記、お問い合わせフォームからお問い合わせください。
https://minden.co.jp/contact

|