脱炭素経営を目指す企業や教育機関への脱炭素トータルソリューションを開始 / NEWS / みんな電力 世界の電力に、選べる自由と楽しさを。

NEWSニュース

News

脱炭素経営を目指す企業や教育機関への脱炭素トータルソリューションを開始

~戦略策定から再エネ導入まで4社が強みを生かして伴走~

 

みんな電力株式会社(所在地:東京都世田谷区 代表取締役:大石英司)は協業企業3社と共に、脱炭素経営を目指す企業や教育機関などを対象に、脱炭素に向けたロードマップ策定から省・創・蓄エネルギーの具体的な実行まで、トータルでサポートするサービス「脱炭素トータルソリューション」を8月3日より開始します。

 

 

1.背景

●加速する脱炭素化への戸惑いの声

現在、国内では政府が掲げる2050年カーボンニュートラル達成に向けて、エネルギー戦略の見直しが行われ、世界的にはESG投資の流れや脱炭素社会に向けたイニシアチブの動き(RE100、CDP、SBT、TCFDなど)が加速しています。その一方で、企業や教育機関の経営者やサステナビリティ推進担当者からは「ゴールは決めたものの、達成までの具体的な戦略を決めかねている」「具体的にどう取り組めばよいかわからない」という声が多く聞かれています。実際に、当社と契約のある法人企業へのアンケートにおいて、回答のあった63社のうち約4割が外部の脱炭素サポートを受けたいと回答しました。

 

●再エネプロバイダーから脱炭素パートナーへ

当社は2016年より「顔の見える電力™」などのサービスを通じて、約600社・約3000拠点の法人企業や教育機関の脱炭素サポートを行ってきました。これまで培ってきた実績やノウハウを生かし、再エネ切り替えにとどまらない、より包括的な脱炭素ソリューションを提供します。

 

 

2.サービス概要

当社はカジノン株式会社、株式会社電巧社、株式会社トヨコ―と脱炭素に向けた総合的なコンサルティングを行うとともに、各社の強みを生かした具体的なソリューションを提供します。現時点でのソリューションは、創エネ、省エネ、断熱、再エネ調達になります。

顧客は脱炭素経営を目指すものの、具体的な打ち手に悩んでいる企業や教育機関を想定しており、ニーズに合わせて以下のソリューションを提案する予定です。

 

1)脱炭素コンサルティング(みんな電力)

①脱炭素目標・ロードマップ策定支援

②CDP、SBT、 TCFDなどの各種国際イニシアチブ対応

③ロードマップ策定に伴う各種ステークホルダーとのコミュニケーション支援(IR・PR支援)

 

(2)エネルギーマネジメントトータルサポート

お客さまのオフィスや工場などのエネルギーマネジメントを総合診断し、以下をサポートします。

 

① 創エネ(カジノン)

初期費用ゼロの第三者保有モデル型の自家消費太陽光の導入支援

 

②省エネ(電巧社)

省エネ診断、省エネ機器導入(LEDや空調設備等/設置工事含む)、省エネ補助金申請代行業務

https://shoene-suishin.com/

 

③断熱(トヨコー)

老朽化したスレート屋根の樹脂コーティング化による防水・補強・断熱対策

https://www.toyokoh.com/sosei/

 

④再エネ調達・コーポレートPPA実施支援(みんな電力)

国内トップクラスの比率で再生可能エネルギーを供給。ブロックチェーンを活用した独自の技術で発電所を特定し、各種イニシアチブ対応や地産地消のニーズに合わせた再エネ電力の導入をサポート。

 

 

<サービス全体図>

 

 

 

3.今後の展開

当社はこれまで再エネを手段とした脱炭素化に取り組んできましたが、今回はより包括的なサポートを展開することになりました。

今後は温室効果ガス排出量算定支援や蓄電技術などのソリューション拡充を目指し、ニーズに応じてパートナーを募りながら、あらゆる方面から日本社会の脱炭素化をサポートしていきます。

 

 

4.会社概要

<みんな電力株式会社>

大手印刷会社で新規事業を担当していた大石英司が、再生可能エネルギー事業会社として2011年に設立。2016 年に発電者と生活者をつなぐ電力小売りサービス「顔の見える電力™️」を始めるなど、「納得感を持って選択する」という体験の提供にこだわり、2020年には清潔な空気環境の選択につながる空気環境改善事業「みんなエアー」を開始。今後もソーシャル・アップデート・カンパニーとして、独自のブロックチェーン技術を基盤とした「顔の見えるライフスタイル」の実現を目指す。2020年、第4回ジャパンSDGsアワード内閣総理大臣賞を受賞。https://minden.co.jp/

 

<カジノン株式会社>

1975年設立の電気工事を中心とする社会インフラ整備企業。パナソニックの施工代理店として長く防災工事・電気工事を行い、現在では建築設備工事事業、施設管理事業、環境エネルギー事業、アグリ(植物工場)事業と多岐に渡る。官公庁や大型電気工事の施工管理・施工を中心とした技術力を軸として成長し、近年では自家消費型の太陽光発電の企画・設計・施工、メンテナンスに注力し、発電事業会社、PPA事業会社、植物工場運営会社もグループに保有。お客様へのワンストップサービス展開と自社技術にこだわりを持ち、少数精鋭ながら、上場企業・官公庁での実績も多数あるコンサルティング+エンジニアリング企業。建設業ながら働き方改革も実践し、2021年、健康経営優良法人も認定。https://www.kajinon.net/

 

<株式会社電巧社>

電巧社は電気商社、盤製造、工事、SIの4つの事業を持ち、お客様のニーズにワンストップで対応することができる創業93年の会社です。脱炭素の分野においては創エネ、省エネ、蓄エネを柱とし、創エネ分野では太陽光を中心とした再生可能エネルギーの資材調達、EPCとして事業活動を行っています。省エネ分野では設置工事を含む省エネ機器販売、補助金を活用したトータルコーディネートに取り組み、脱炭素社会の実現に向けて貢献しています。https://www.de-denkosha.co.jp/

 

<株式会社トヨコー>

日本が直面するインフラ構造物の老朽化に対して、壊さず使い続ける循環型社会を実現すべく、CoolでCleanでCreativeなメンテナンス現場づくりに取り組む。2006年に独自開発したSOSEI工法は老朽化したスレートや金属の屋根に3層の特殊樹脂を吹き付ける事で防水・補強・断熱の効果を生み、工場・倉庫の屋根を延命。15年間で大手自動車や電機メーカーなど延べ100万㎡以上の施工実績。特殊樹脂の1層目に断熱効果があり、工場屋根裏の温度を最大15℃低減。https://www.toyokoh.com/

 

 

5.問い合わせ先

<サービス導入について>

法人営業部 脱炭素ソリューション担当

TEL: 03-6805-2228(平日11:00~15:00)  MAIL: biz@minden.co.jp 

■脱炭素ソリューションサービスをまとめた資料はこちらです。

 

<報道について>

広報担当 中村(080-7142-5287)佐藤(080-7142-5295)

代表TEL:03-6805-2228(受付時間 平日10:00~18:00)

E-mail :pr@minden.co.jp

NEWS一覧を見る

CATEGORY

ARCHIVES