本日より株式会社UPDATERとして新たなスタート!代表取締役 大石 ご挨拶 / NEWS / みんな電力 世界の電力に、選べる自由と楽しさを。

NEWSニュース

Info

本日より株式会社UPDATERとして新たなスタート!代表取締役 大石 ご挨拶

みんな電力株式会社は、本日2021年10月1日付で商号を「株式会社UPDATER」(アップデーター)に変更いたします。

本日以降も、「みんな電力」は電力事業におけるサービス名称として引き続き使用します。 

商号変更の詳細につきましては、8月30日付プレスリリース「商号変更に関するお知らせ」をご覧ください。

 

新たなスタートに際し、いつもお世話になっている皆さまへ代表取締役 大石よりご挨拶させていただきます。

 

 

 

「顔の見えるライフスタイル」で、社会問題を解決し、世界をアップデートする。

 

「みんなが自由に電力という富を作り出し、みんなが好きな電力を選ぶ社会を作りたい。

そうすれば、独占されていた富が分散化され結果的に、貧困のない社会になる」

 

この想いを持って、私たちは創業しました。

そして多様な皆様のご支援とテクノロジーを活用して作り出した「顔の見える電力」は、

常識はずれと言われ続けた中で、多くの企業、個人、アーティストの皆様にご賛同をいただくことができました。

 

電力の生産者と消費者、つまり人と人との繋がりを作り、地方と都市との繋がりを作り、

気候変動や貧困など社会課題と電気代との繋がりを作り、

静かで小さいながらも、電力業界に新しい価値を提案してきました。

 

そして創業から10年。

ふと私たちの生活を見渡すと、私たちの暮らしは顔の見えない商品で溢れかえっていました。

 

衣・食・住、生活の中でその生産者を知るものは一体いくつあるのか?

企業も個人もとにかく安いものを求め続ける、大量消費、大量廃棄社会。

その見えない闇からは、児童労働や搾取的労働など、貧困や格差が悪化し、

環境破壊が起こり、気候崩壊を急速に悪化させています。

 

そこで私たちは考えました。

「顔の見える電力」で生み出した様々な繋がりを、テクノロジーを活用することで、

衣食住をはじめとした「顔の見えるライフスタイル」全般に広げることはできないか。

 

そうすることで様々なブラックボックスが見える化され、気候崩壊や貧困など、

社会課題の解決の糸口が生まれるのではないか。

そして人と人との繋がりが再生され、たくさんの笑顔を生み出し、

世界をアップデートできるのはないか。

 

ひとつひとつは小さな取り組みかもしれないですが、いつもうまくいくわけではないのでしょうが、

ワクワクする未来に向けて、泥臭く、人間臭く、社会も、産業界も、生活も、自分自身も、

みんなの力でアップデートしていく。

 

この瞬間から私たちの新しい挑戦がスタートします。

 

2021年10月1日

株式会社UPDATER

(みんな電力、みんなエアー、TADORi)

代表取締役 大石英司

 

 

 

 

NEWS一覧を見る

CATEGORY

ARCHIVES