ソリューション別のご案内 / 法人のお客様 / みんな電力
今すぐお申込み 資料ダウンロード

ソリューション別のご案内

  • 東京都CO2排出規制

    みんな電力なら2020年以降のCO2排出規制に対応!

    東京都は脱炭素社会に向けて、2010年度より大規模事業所に対する温室効果ガスの総量削減義務を導入しました。2020年度からの第三期では削減義務が厳格化され、CO2排出量の規制は今後も厳しさを増します。

    対象となる企業における2020年度以降の削減義務率は27%(または25%)と、より一層厳しくなるためこれまでの省エネ努力だけでは実現が厳しく、再エネ利用の拡大が必要となります。

    みんな電力の供給する電気は「低炭素電力」として認定されており、電力契約を切り替えるだけで、一般的な電力と比べてCO2排出量が半分程度に削減でき、2020年以降のCO2排出規制にも対応が可能です。

    再エネ活用が不可欠に!
    2020年度以降さらに厳しくなる
    東京都のCO2排出規制 資料ダウンロード
  • ESG投資

    みんな電力がESGの取り組み強化をサポート

    環境(Environment)・社会(Social)・コーポレートガバナンス(Governance)などの非財務情報も考慮して投資を行うESG投資の投資額が国内で増加しており、環境配慮が企業価値や株主価値、サプライチェーンなど企業の事業領域に直接的な影響を持ち始めています。

    ESG対策のためには環境データ等の積極的な開示や社会の変化を踏まえた長期的な視点に基づいた事業計画の提示、具体的なリスクヘッジと収益機会の創出に関する事業戦略などが求められます。

    みんな電力は開示に適したトレーサビリティのある再エネ電力の供給や、RE100加盟に向けたロードマップ策定支援、CDPなど各種イニシアティブに対するサポートなど企業の環境戦略をサポートするプランを提供しております。

    国内急成長!
    ESG投資で選ばれるための
    環境対策 資料ダウンロード
  • RE100

    「ENECT 100プラン」でステークホルダーへの対応を強化

    世界で注目される国際的なイニシアチブ「RE100」に加盟する日系企業の増加や、国内で中小企業向けの「RE Action」などが新たに設立されるなど、幅広い分野・企業で再生可能エネルギー電力に切り替える取り組みが広がっています。

    ESGの観点での投資が国内でも伸長し、サプライヤーにも影響が発生するようになり、気候変動への取り組みが企業における今後の競争条件になってきています。

    みんな電力の「ENECT RE100プラン」は、企業の気候変動への取り組みに関する情報収集・開示を行うCDPの再エネ調達基準に準拠しており、導入することでステークホルダーへの対応を強化することが可能です。世界が注目!

    RE100を
    サステナビリティ経営の
    武器に 資料ダウンロード