BLOG / みんな電力 世界の電力に、選べる自由と楽しさを。

BLOGブログ

イベント

祝!100回記念 特別企画!「電気代ビンゴ・スペシャルウィーク」

 

 

TBSラジオ「伊集院光とらじおと」の神出鬼没のコーナー「みんな電力presents電気代ビンゴ!」が100回を迎えました!

100回を記念して、2/1(月)〜2/4(木)は「電気代ビンゴ・スペシャルウィーク」と題して、

電気代ビンゴを毎日開催!さらに、電気の生産者にまつわる産品のプレゼントを実施します!

電気代ビンゴとは?

みんな電力の願い、それは「電気を自分の考えで選んでほしい」ということ。

そして、その実現の第一歩が、「毎月、自分がどれくらいの電気を使って、いくら電気代を払っているのかを定期的にチェックする」ということです。

これを意識しながら、番組リスナーの皆さまも “楽しめる・得する企画” を考えようということで始まったのが、「みんな電力presents電気代ビンゴ」です!

 

仕組みはとっても簡単。

毎週10面体のサイコロを3つふって、3ケタの当選番号を発表します。

電気料金の下3ケタが一致した方の中から抽選で1名様に毎月の電気代1万円をプレゼントします!

気になる「電気代ビンゴ・スペシャルウィーク」の内容は?

2/1(月)〜2/4(木)の『伊集院光とらじおと』では、電気代ビンゴの当選番号を毎日発表します!

さらに、ビンゴにならなかった方も全員参加できるプレゼントキャンペーンも毎日実施します。

4名の電気の生産者にご協力いただき、とても素敵なプレゼントをご用意しましたのでぜひご参加ください!

※プレゼントの応募方法は番組内でご案内しています。

 

プレゼントはこちらのブログでも紹介していきます!(毎日放送後に更新します)

2/1(月)「おひるねみかんジュース720ml」10名様

▼電気代ビンゴ100回!

https://www.tbsradio.jp/559104

 

発電所名:おひるねみかんODAWARA発電所 

電気の生産者(オーナー)名:合同会社小田原かなごてファーム 小山田大和さん

 

 

●発電所について

神奈川県小田原市にある農業と自然エネルギーの両立を目指すソーラーシェアリングの発電所です。太陽光パネルの下ではお米を育てています。耕作放棄地=おひるねしていた土地と考えて、さらにオーナーの小山田さんはみかん農家でもあることから、発電所の名前は「おひるねみかんODAWARA発電所」となりました。

 

●生産者について

発電所のオーナー小山田大和さんは、元々は郵便局員でしたが、東日本大震災をきっかけに「次世代により良い社会を残したい」と考えるようになり、小田原・あしかが地区で食と電気の地産地消の事業を始めました。今年の1月からは農地で作った電気と農作物を使った地産地消の農家カフェ「シエスタ」をオープンしたのでぜひ足を運んでください!

 

●商品のこだわり

足柄地域で採れた農薬未使用のみかんを丸ごとギュッと搾った果汁100%ジュースです。

農家の高齢化などの問題で耕作放棄=”おひるね”してたみかん畑を農業素人が集まり保全再生させて収穫したみかんを使って誕生させたのが、おひるねみかんジュースの始まりです。みかんは、農薬を使わず、除草剤は一切使用せずにそのままの自然で育てています。ジュースは、みかんをそのまま絞り、他には何も加えず果汁100%となっています。

※写真はイメージとなります。今回のプレゼントは720mlのためより大きなサイズです。

 

2/2(火)「完全無農薬米つや姫 2kg」

▼電気代ビンゴ101回!

https://www.tbsradio.jp/559724

 

発電所名:みつばち発電所

電気の生産者(オーナー)名:木村 成一(きむらせいいち)さん

 

●発電所について

山形県米沢市にあるソーラーシェアリングの発電所です。太陽光パネルの下の土地でお米を栽培しています。みつばちは天気が良いと花の蜜をたくさん集めるので、太陽光をたくさん集めて電気に変える発電所になる様にという想いから、「みつばち発電所」と名付けました。

 

●生産者について

発電所のオーナーは農家家系の7代目である木村成一(きむらせいいち)さん。

60歳になろうとしたタイミングで、さらに10年20年と息の長い農業をつづけていきたいと考えて、太陽光発電事業も始めました。農業と発電という取り組みを沢山の仲間や若い人に実践してもらいたい、そして未来の農業の一助となればという想いで取り組まれています。

また、「米沢稔りの会」という生産者グループに所属しており、生産者の仲間たちとともに「日本一おいしいお米を無農薬・減農薬でつくる」ことを目指して活動をされています。

 

●商品のこだわり

「つや姫」という名前の通り白く輝くつやが特徴で、炊飯器を開けた瞬間、真珠のような美しさに驚くはずです。また、他に類を見ないハリのある弾力は噛むほどに美味しく、冷めてもずっと美味しさが続くので、お弁当にも最適です。完全無農薬のお米です。

 

2/3(水)「非加熱・無添加はちみつ200g」

▼電気代ビンゴ102回!

https://www.tbsradio.jp/559871

 

発電所名:光太陽農園

電気の生産者(オーナー)名:佐久間さん(今回ご紹介するのは娘さんの千晴さん)

 

発電所について

千葉県大網白里市の農園「光太陽農園」が持つソーラーシェアリングの発電所。

太陽光発電の下では、落花生、ブルーベリー、大豆、里芋、じゃがいも、さつまいもなどを育て、養蜂も行なっています。

 

●生産者について

発電所の下で養蜂を行なっているのが24歳の佐久間千晴さん。はちみつは地域や季節によっても味が変わるため、その地域特有の味を出すことができます。佐久間さんは、その土地ならではの花から採れたはちみつを作り、ふるさとである大網白里や千葉県の魅力を世界に発信したいという想いを持っており、養蜂家の道を歩んでいます。

 

●はちみつの特徴

【からすざんしょう】柑橘系らしいフルーティーな味わいです。濃いめの蜂蜜がお好きな方、スパイスやお酒がお好きな方にもおすすめです。

 

●生産者の想い

農作物の約7割は蜂などの花粉を媒介する生物がいなければ育ちません。

一方で、蜂は年々減少しており、背景には温暖化等の異常気象や、農薬の大量散布などがあります。現状を改善するため、蜜源となる植物を植え、蜂の住みやすい環境を少しずつ増やす取り組みを行っています。ミツバチ、人、環境にやさしい蜂蜜を通してふるさとの魅力をより多くの人にお伝えする活動を今後も行ってまいります。

2/4(木)「ソーラーシェアリングの下で採れたキクイモとお菓子セット」

発電所名:ソーラーシェアリング上総鶴舞(かずさつるまい)

電気の生産者(オーナー)名:高澤真(たかざわまこと)さん

 

●発電所について

千葉県市原市のほぼ中央部にある発電所で、記念すべき日本のソーラーシェアリング第一号です。太陽光発電の下では、ブルーベリー、かぼちゃ、スイカ、サツマイモ、サトイモ、キャベツ、白菜、しょうが、トマト、キクイモなど多品種を栽培しています。

 

●生産者について

発電所のオーナーは高澤真(たかざわまこと)さん。ソーラーシェアリング推進連盟の理事として、全国にソーラーシェアリングの普及活動をしています。加えて敷地内では、たけのこ掘りやBBQ体験などを実施しており、再生可能エネルギーや地域資源の活用について楽しみながら学べる機会を設けています。林業やメンマなどの特用林産物も含めて、地域資源を活用して、新たな産業を生み出そうと取り組んでいます。

 

●商品のこだわり

詰め合わせの3点セットです。1つ目は、ソーラーシェアリングの下で育ったキクイモです。普段は地元の直売所などで売られるため、なかなか食べることができない貴重な農作物になります。2つ目は、世界で正式に登録された「チバニアン」という地層のイメージと、千葉県が日本一の生産量となっている落花生を組み合わせたお菓子。3つ目は、落花生もなかとなります。

 

今後もさらに盛り上がること間違いなし!

ぜひ『伊集院光とらじおと』をチェックしてみてください。

 

『伊集院光とらじおと』

https://www.tbsradio.jp/ij/

TBSラジオFM90.5+AM954

毎週月〜木曜日 あさ8:30~11:00

]]>

BLOG一覧を見る

CATEGORY

ARCHIVES