発電所 / カテゴリー / 個人のお客様 / みんな電力

BLOG

発電所

発電所

飯舘電力千葉訓道さんに聞く、設立の経緯とこれからの復興

今年からみんな電力の「顔の見える電力」に加わった飯舘電力。今回は、取締役の千葉訓道(のりみち)さんにお話をお聞きしました。

 

 

飯舘電力が入るビルには福島復興に尽力する団体が数多く入る。

 

震災当時の状況を教えて下さい。 

 当時、私は外資系企業に勤め最後の20年間は単身赴任でした。3月11日は私の誕生日を孫に祝ってもらうため、東京から福島市内の妻の実家へと戻っていました。偶然にもあの大変な日に家族と一緒に居られたことで「そろそろ家族の元に帰れ」と言われているように感じました。

 実は、その後すぐに飯舘電力を立ち上げた訳ではなく、復興に役立つ仕事を探す中で土湯温泉の元旅館経営者の方と出会い、2012年に二人で地熱発電会社を立ち上げました。温泉熱で電気を作る「バイナリー発電」です。

 

バイナリー発電設備

 

 

 発電の経験はゼロでしたが、様々な方面の関係者の支援の下どうにか着工まで辿り着きました。そして、環境エネルギー政策研究所の飯田哲也さんの紹介で、前年に会津電力を立ち上げていた大和川酒造9代目の佐藤弥右衛門が声を掛けてくれました。2014年9月、私と佐藤そして飯舘村の畜産家である小林稔などで「村民の村民による村民のための会社」を会社理念として飯舘電力を立ち上げました。現在では、村民を中心に70名以上の出資、20名以上の寄付を受け、65名以上の地権者が経営に参加しています。

 

飯舘電力の皆さん

 

 

 会社設立当初は、地権者の合意を得て1.5MW太陽光発電所(メガソーラー)を建設する予定でしたが、東北電力が突然送電線との接続を保留することを発表しました。その頃は、全国的に太陽光発電設備が急激に増加している時期でした。

 

 

その後、メガソーラーから小規模低圧太陽光発電所へとシフトする。

  福島原発事故後、飯舘村は全村避難を余儀なくされました。広大な農地がありながらも、放射線で汚染された土地で作ったものは、基準をクリアしているとしても簡単には売れないでしょう。村内で作られた作物は現在でも、ごく一部の例外を除いて出荷することが出来ません。

 

道の駅にて

 

 

 では、その土地で発電を行い、電気を売れば良いのではないか。使えない農地の有効活用になると思いました。

 

 

美しい自然が残る飯舘村

 

 4年ほど前に、市民エネルギーちば合同会社の東光弘代表から、営農型太陽光発電所(ソーラーシェアリング)を教えて頂きました。ソーラーパネルで発電し、同時にその下の農地では様々な作物を栽培するといった新しい農業モデルです。震災前は農業を主な生業としてきた飯舘村なので、避難解除後の復興支援策の有力な一つとして挑戦することにしました。当初は許認可(農地法など)の高い壁が立ちはだかりましたが、一時農地転用との条件で建設許可を受けました。

 

営農型発電設備(ソーラーシェアリング)

 

 2015年3月に低圧太陽光発電所が稼働しました。現在では43か所で稼働し、そのうち4割がソーラーシェアリングです。

 

飯舘電力の目指す復興の形とは 

 舘村は「牛の村」でした。震災前は237戸の畜産農家が3,000頭以上の飯舘牛を育てていました。飯舘電力の設立理念を一言でいえば「社会的企業(ソーシャルカンパニー)を目指す!」です。即ち、固定価格買取制度(FIT)で長期保証された売電利益を資金にして、住民と一緒に復興に向けた問題解決を行える会社でありたいと考えます。

 

 

飯舘牛

 

 現在、村では飯舘牛復活に挑戦する畜産家が複数いらっしゃいます。順調にいけば近い将来出荷が開始されますが、万が一、畜産家にとって採算が取れない価格が付いた場合、挑戦者のやる気を削ぐことにもなります。そこで弊社は複数の挑戦者と契約し、作物は牧草に限定し、そのすべての営農作業は売電利益の中から日当を支払う代わりにお任せし、収穫した牧草は無償(または廉価)で提供することを始めました。肥育期間中に必要な牧草経費を抑えることにより事業採算性改善の一助にしてもらいます。

 

村内には放射線量を測定するモニタリングポストが設置されている。

 

 その他、雇用創出として太陽光発電所の建設やメンテナンスなども村民に委託しています。従って、出資者、寄付者、土地賃借、役員参加などを含めると、150名以上の方々と一緒に地域が抱える問題解決に挑戦していると自負しています。

 

今年の3月11日で震災から8年が経ちました。 

 都会から来た人は「もう8年経った」と復興している姿を期待してやって来るけれど、6年間全村避難状態にあったこの村は、その間復旧は続いたが復興は凍結されていたため、一昨年避難解除され「やっとゆっくりと復興が始まったばかり」だと言えます。

 

除染土を保管するフレコンバック置き場が村内に点在する。

 

 現在、村内の道路沿いに看板を出したり、村内至る所に竣工実績が増えてきたため、うちの土地も使って欲しい。という問い合わせを多く頂いています。来年3月までに発電所の数は60基まで増える見込みです。 

 

道路沿いに立つ飯舘電力の看板

 

 

2017年8月にオープンした飯舘村の道の駅、までい館。

 

 

 

中では飯舘村の特産である花と明るい笑顔が迎えてくれる。

 

 

 

福島市内を流れる阿武隈川を背にして

 

おわりに 

飯舘電力の設立理念にある会社の「存在意義」は、

 

  大切な故郷を自らの手で守る

  自立復興の「証」を作る

 

 

 当たり前の営みを取り戻す作業は、つい今しがた始まったばかりだ。

 

道の駅にて

 

飯舘電力ホームページ

http://iitatepower.jp/index.html

 

飯舘電力が運営する動画サイト きぼうチャンネル

http://kibou-ch.com/

発電所

みさき未来コットン種蒔きイベント@福島県南相馬市

「顔の見えるでんき」のひとつである、福島県南相馬市のみさき未来 三浦広志さんを訪問しました。

 

みさき未来代表の三浦さん

 

三浦さんは、震災前に南相馬市小高区井田川で専業農家として合鴨米やネギ・ホウレンソウ等の有機野菜の栽培、採卵鶏やヤギなどの家畜を飼育していました。震災後は福島第一原発から12kmほどの地域であった為に強制避難となり、避難所や仮設住宅で3年ほど暮らした後、福島県浜通りの新地町に居を構えました。元の家があった津波跡地に設置した太陽光発電設備からの売電収入を活用して、2016年7月避難指示解除になった南相馬市小高区で、農業の復活に取り組んでいます。

 

みんな電力「ENECT」での三浦さんインタビュー(全3回)はこちら。

第1回 第2回 第3回

 

 

太陽光発電設備と畑

 

遠くから見ると平坦な農地ですが、近づいて見るとかなり凸凹が残っている事が分かります。津波により土がえぐられた痕で、その時に運ばれて来た岩を取り除く作業だけでも大変だったそうです。現在でも、地域の大部分の土地は当時の様子を留めています。

 

  

 

三浦さんの太陽光発電所から川を挟んだ土地では、大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設が進められていました。

 

 

風が織るオーガニックコットンプロジェクト

 

今回は、三浦さんが取り組む新たなプロジェクトのイベントに参加させて頂きました。

 

 

このプロジェクトは、東日本大震災で津波による塩害を被った地域に風力発電所を建設し、その下の土地でコットンを育てようというものです。三浦さんが設立に関わる合同会社SUSKENERGY(サスケナジー)が行うもので、津波の塩害を受けて一般的な農作物の栽培が困難となる中で、影響を受けにくいコットンの栽培による農地の復活と、風力発電の売電収入による経済の活性化を目指します。設立には、三浦さんの他にも元GE(ゼネラル・エレクトリック)の渡邊千春さん、株式会社アバンティの渡邊智恵子さんらが関わります。

そして、私は3回目となるコットン種播きイベントの前日にお邪魔しました。現地に到着すると、みさき未来の皆さんが準備をしている最中でした。

 

マルチ張り

 

コットンの種

 

水に浸して、眠っている種を目覚めさせます

 

イベント当日 

当日は、東京からバスで参加の約40人を含む100人超の方が参加されました。

 

種の蒔き方の説明をする三浦さん


皆さん熱心に種蒔き中

 

種蒔きの後は、昼食のBBQ!

 

 

美味しいお肉と新鮮な野菜に、皆さん自然と笑顔に。

 

 

そして、今回はゲストとして南相馬トモダチプロジェクトの子供達がダンスパフォーマンスを披露してくれました!

 

 

トモダチプロジェクトとは

福島県南相馬市と東京都杉並区の子どもたちが、ダンス、歌、お芝居のレッスンを通して交流し、ひとつの舞台をつくりあげるプロジェクトです。

 

間近でみるキレのある動きはかなりの迫力でした!

 

 

 

 

 

10曲ほど歌とダンスを披露した後で、未来への希望が込められた新曲「なじょすっぺ」でイベントを締めくくってくれました!

(なじょすっぺは、東北地方の方言で「どうしよう?」の意味)

 

コットンの収穫は10~12月の予定です

 

10月~12月にはコットンの収穫祭が行われる予定です。また、それまでの期間のコットンのお世話お手伝いも受け付けていますので、お近くにお出かけの際は是非ご参加ください!

 

 

三浦さんと一緒に活動されるご家族の皆さん

 

次回はコットンの収穫の様子をレポートする予定です。お楽しみに!

 

三浦さんの発電所詳細はこちら

みさき太陽光発電所Ⅴ

 

 

 

 

イベント

「顔の見えるでんき」の産地見学ツアーに行きました!

 

さる9月29日(土)、みんな電力の電気の産地を訪れるツアーを開催しました。

行き先は、稲穂が輝き、りんごなど様々な秋の恵みが実る群馬県の里山。

みんな電力の契約者さまと、ご契約を検討してくださっている方々と一緒に訪れました!

 

里山の資源を循環させる川場村

川場村全景(以前撮影したものです)

 

みんな電力の電気の仕入先の1つ、「森林(もり)の発電所」がある群馬県北部の川場村。村の面積のうち約8割が森林という緑ゆたかな場所です。

また、「川場村」の名の通り、武尊山の伏流水が滾々と流れる水の豊かな場所でもあります。

 

その豊かな資源を活かし、製材、発電、農業の循環に取り組んでいます。

 

 

川場村に到着してすぐお会いしたのは村長の外山さん。

森を守り、水を守り、そして地域を活性化することを目的とした取り組みであること、ご説明いただきました。

 

 

 

さて、見学は木材をチップ加工する製材所からスタート。川場村むらづくり振興課の方が案内してくださいました。

大きなクレーンが未利用間伐材を大型の機械まで運び、あっという間にチップにする様子は圧巻です。

 

 

チップに触れられるのも、実際に現地に来ているからこそ。参加者の方からもたくさんの質問が寄せられました。

ここで作られた木材チップは、次の見学場所であるバイオマス発電所「森林(もり)の発電所」で使われます。

 

 

正面に見えるのが発電設備、右手は木材チップを乾燥させる設備。

 

木材チップに含まれる水分が多いと、効率よく発電ができません。そのため、一度乾燥させて水を飛ばしてから、ガス化し、そのガスを使って発電を行っているんです。

 

川場村は東京都世田谷区と連携しており、発電された電気はみんな電力を通じて世田谷区の住民の方にお届けしています。

 

 

バイオマス発電で発生する熱は、温水パイプを通じ、発電所の近くにある温室で使われています。

今は、ちょうどイチゴの苗が植えられているところでした!

 

色づき始めたイチゴ(以前撮影されたものです)

 

このイチゴ、近くにある人気の道の駅「田園プラザ」でも大人気なのだそうです。

(もちろん、ツアーの最後に田園プラザにお買い物に寄りました!)

 

冬はイチゴですが、夏にはマンゴーもできるそうです。何回でも訪れたくなってしまいますね。

 

ハチも訪れるソバ畑のソーラーシェアリング

 

みんな電力の電気の仕入先ではありませんが、川場村のお隣に位置する群馬県沼田市には、おソバ畑のソーラーシェアリングがあります。

ソーラーシェアリングとは、田畑の上に太陽光パネルを設置し、太陽光を発電と作物と「シェア」する発電方法。

 

今回は、発電所を所有する椎坂建設のご好意で、見学させていただくことができました。

 

 

山を登った先にある約2ヘクタールの敷地に並ぶソーラーシェアリングは、壮観でした。

しかも、その真下には鮮やかなピンク色のソバの花が満開です。

 

2018年7月でちょうど3年という発電所。沼田市では、冬に50cmほどの積雪があるそうですが、光が雪に反射するため、発電効率はあがるとのこと。実際に行って聞くと、納得度があがります。

 

参加者の方からも、太陽光パネルのリサイクルなど、たくさんの質問が出ましたが、ひとつひとつに丁寧にお答えいただきました。

 

生き物も元気に活動する、環境づくりをされていました。

 

ソーラーシェアリングの農地で栽培される農作物は様々。

 

なぜソバにしたのかお聞きしたところ、

・ハチが集まってハチミツが採れる(ハチのお陰でソバの実もよくつくそう。沼田市では老神温泉そば祭りが毎年開催されています)

・ソバのお花を見に見学者が訪れてくれる

という理由からだそう。

 

発電ができて、ソバのお花がきれいで、ソバの実やハチミツも採れるという、少し遠くても、また見に行きたい、と思うほど実りの多い発電所でした。

 

電気の作り手と使い手がつながること

 

みんなで楽しみながら、つながること、電気を考えること。

これからも、電気の作り手と使い手をつなげるサービスやイベントを企画していきます。

次回ご都合があえば、ぜひご参加ください!イベント情報は、みんな電力のウェブサイトでお知らせしていきます!

 

イベント

牧場ソーラー発電所で「応援」特典交流イベント

先週末、磯沼ミルクファーム(東京都八王子市)で、八王子協同エネルギー(以下、はちエネ)主催の応援特典交流イベントが開催されました!

当日の様子をレポートします◎

 

人懐っこい牛さんがたくさんいました。

 

今回のイベントは、みんな電力の「応援制度」の特典として、はちエネの皆さんが企画して下さったもの。

はちエネの発電所を応援されている方は、特典として無料でご招待させて頂きました!

 

 

みんな電力の「顔の見えるでんき」の詳細はこちら

 

 

地域で使うエネルギーは、自分たちでつくる

 

はちエネは「地域で使うエネルギーは、自分たちでつくる」を合言葉に持続可能な地域社会を目指して、

市民太陽光発電所や里山保全の取り組みもされています。

 

はちエネが運営する太陽光発電所が磯沼ミルクファームの牛舎の屋根にあり、その電気はみんな電力のお客さまにお届けしています!

 

 

はちエネの共同代表 加藤さん。暑い中でも終始笑顔で気を配ってくださいました。ありがとうございました!

 


 

当日は恵まれ過ぎなほどの良い天気で、太陽光発電にとっては恵みの太陽光でしたが、

日差しの強さに溶けそうでした…

 

しかし、はちエネの皆さんが飲み物やテントのみならず冷却用ミストや冷房車まで、

細やかな配慮で準備してくださったお陰で、快適に過ごすことが出来ました!

 

 

いざ、磯沼ミルクファームの見学へ!

 

いざ、しっかり暑さ対策をして出発!

 

磯沼ミルクファーム代表の磯沼正徳さんがガイドして下さいます。

 

写真中央が磯沼さん

 

多様性やアニマルウェルフェアを重視した経営をされている磯沼牧場では、

カカオやコーヒーの残材を地面に散布したり、干し草に果物の皮を混ぜたりするなどの工夫をされています。

それは牛の健康だけでなく牧場で働く方にとっての負担軽減にもなるとか!

 

 

好きな時に好きなだけ干し草を食べられるようにしてある牛たちは

「モゥー!(お腹空いた!)」と鳴くこともほとんど無いそうです。

 

一般的な牧場よりも静かでした。

 

丁寧に説明してくださった磯沼さん

 

磯沼さんの説明を聞きながら牧場内を1時間ほど案内して頂き、

足と頭を使った私のお腹が「グゥー!(お腹空いた!)」と鳴き始めた頃、ランチタイムとなりました。

 

 

お楽しみのランチタイム

 

はちエネの皆さんが磯沼牧場産のお肉やローストビーフ、

そして2種類のカレーなどたくさんの食事を用意して下さっていました!

 

 

美味しそうな料理に笑顔がこぼれます。

 

 

加藤さん手作りのカレー!美味しかったです!◎

 

歓談タイムでは、みんな電力、応援制度、電気の送配電のシステムなど様々なご質問を頂き、

参加者の皆さんからみんな電力へのご要望もお聞きすることが出来ました。

 

 

貴重なご意見をありがとうございました!一つ一つ改善していきます。

 

食後のデザートは、磯沼ミルクファームの搾りたての牛乳で作られたアイスクリーム!

でしたが、写真を撮り忘れるいうまさかの大失態…

とても濃厚で美味しかったという事だけお伝えしておきます!

 

 

最後は、参加者みんなで集合写真!

 

今後も、このように電気をつくる人とつかう人が交流できる「顔が見える」イベントを開催したいと考えています。

ウェブサイトなどお知らせしますので、どうぞお楽しみに!

 

 

また、この機会に一度ご自身の応援発電所をご確認してみてはいかがでしょう?

様々な発電所や特典があるので、選ぶだけでもきっと楽しいはず!

<みんな電力契約者用マイページはこちら