7月 / 2019 / 個人のお客様 / みんな電力

BLOG

ALL

イベント

でんきの購入先を選ぶ「発電所総選挙」@自由の森学園

かねてより、みんな電力の電気をご利用いただいている「自由の森学園」は、7月から再生可能エネルギー100%のプランに切り替えます。

そこで、どの発電所から電気を購入するか、環境学の生徒さんや教職員の皆さんに選んでもらうという、みんな電力初の企画「発電所総選挙」を実施してきました。

 

埼玉県飯能市にある「自由の森学園中学校・高等学校」

 

約20名の方にご参加いただきました

 

電気の基礎知識から始まり、電力自由化で変わったこと、未来の環境のことなど、講義形式でお話しましたが、自由の森学園の生徒さんは、とても活発に意見交換をしてくれました。

誰でも発言しやすい環境が当たり前にある雰囲気、先生と生徒の間に垣根がない校風が伝わってきました。皆さん自信を持って意見を述べている姿がとても印象的でした。

 

学生ならではの自由な発想

 

「もしもこんな発電所があったら?」という質問に対して、

 ・wifi人間(発電している人間?)

 ・スカウトされたい発電

 ・台風で発電

 ・歩いて踏んで発電

 ・コンサートやスタジアムで飛び跳ねて発電

 ・ジムとかに自転車風の発電機を設置すれば鍛えられて発電できてWIN-WIN!

 など、面白いアイデアが止まりませんでした。

 

いよいよ発電所総選挙

みなさんの真剣度が増します。

候補の発電所について、発電所の成り立ちや、発電事業に掛ける想いなど、みんな電力のスタッフから一か所ずつ丁寧に説明をしました。

みなさん熱心に質問しながら、色々な想いを巡らせ、時間をかけて、電気を購入したいと思う発電所を選んでくれました。

 

投票結果は・・・?

 

さて、いよいよ結果の発表です。

 

結果は、圧倒的な人気で「つり人社」に決定しました!

発電所それぞれの特徴や想いがあるので、接戦になると予想していましたが、驚きの結果となりました。

 

選んだ理由を一部ご紹介いたします。

・自分たちの趣味を守る為に再生エネルギーを作るというのが動機として気に入った。

・釣りが好きだから。森林保全や水質保全についても意識が向いていて素敵だと思ったから。

・経済よりも環境を優先しているところが良い。特に自分は山が好きでよく行くので環境の

 ことはすごい気にするので。

・つり人なので。

 

「理念」が伝わり、共感を得た「つり人社」の電気は、8月から自由の森学園にお届けします。

 

自由の森学園のみなさんと記念撮影

 

自由の森学園の理事長の「こういう意外な結果がおもしろいんです!」というお言葉、みんな電力のスタッフも同感でした。

 

学園のみなさんで選んだ電気、使うたびに「つり人社」に想いを馳せ、どんな電気を使っているか意識することで「顔の見えるでんき」を実感していただけらと思います。

 

発電所総選挙、今後も開催予定です!

 

つり人社太陽光発電所

https://portal.minden.co.jp/powerplant-info/a0c5F00000MdUzxQAF

イベント予告

発電所見学ツアー無料ご招待 ~高遠さくら発電所(長野県伊那市)~

8/31(土)に、今年度2回目となる発電所見学ツアーを開催いたします!

今回の行先は、豊富な水資源を活用したダム式の発電を行っている

「高遠さくら発電所(長野県伊那市)」です。

渋谷(東京都)発着のバスツアーに、抽選で30名を無料ご招待いたします。

さらに、今回は現地集合でのご参加も募集いたしますので、

ぜひお近くの皆さまからのご応募をお待ちしています!

 

 

見学ツアーについて

みんな電力では、発電所と契約者の皆さまの交流企画として、

「顔の見えるでんき」を体験できるイベントを各地で開催予定です。

今回の行き先となる「長野県高遠さくら発電所」は、

東京都世田谷区45箇所の保育園・幼稚園にも電気を届けており、

地方と都市を電気でつなぐ代表的なモデルとなっています。

 ※長野県と世田谷区の繋がりについてのレポートはこちら

  → https://minden.co.jp/personal/report/2019/02

 ※昨年開催したバスツアー(@川場村)レポートはこちら 

  → https://minden.co.jp/personal/report/2018/10/01/659

 

見学ツアー概要

◆日程:2019年8月31日(土)

◆見学場所:高遠さくら発電所(長野県伊那市高遠町)

 https://www.pref.nagano.lg.jp/kigyo/infra/suido-denki/denki/koei/ichiran/takato.html

◆協力:長野県企業局

◆参加費:無料

◆定員:

・バスツアー:30名

・現地集合:14名

 ※応募者多数の場合は抽選となります

◆注意事項:

 ・雨天決行、荒天中止(中止の場合は、3日前に決定します)

 ・当日は広報用の写真撮影、ビデオ撮影や各種取材が入る場合がございます。

 

募集要項

(A)バスツアー

◆日時:2019年8月31日(土)8時~19時半頃 

 ※集合・解散:渋谷セルリアンタワー

◆バスツアースケジュール:

         7:40  渋谷セルリアンタワー集合

         8:00  出発(途中2箇所のSAにて休憩あり)

    12:20   長野高遠さくら発電所(昼食&発電所見学)

    15:00   諏訪湖・諏訪大社観光

    15:30     諏訪大社出発(途中2箇所のSAにて休憩あり)

    19:30     渋谷セルリアンタワー到着・解散

 

(B)現地集合・現地解散

◆日時:2019年8月31日(土)12時20分~14時半頃 

 ※集合・解散:長野高遠さくら発電所(発電所の駐車場をご利用いただけます)

◆現地集合スケジュール:

    12:20  長野高遠さくら発電所集合(昼食&発電所見学)

    14:30  解散予定

 

参加申込について

◆申込条件

・発電所の「応援」をしている方(発電所はどこでも可)

 ※1契約につき、最大2名様まで応募可能です。

 ※同行者は、ご契約者様のお友達など、契約者以外の方も参加可能です。

 ※お子様連れ、お1人様の参加も歓迎。

 ※まだ発電所を応援していない方は、今すぐ無料で応援したい発電所をお選び

  いただけます。「応援する」ボタンをクリックした上で、見学ツアーにお申込ください。 

  「発電所の応援」はこちらから→ https://portal.minden.co.jp/powerplant-list

 

◆申込方法

参加をご希望の方は、下記お申込フォームかメールにてお申込ください。

 ※7/25(木)締切

 ※応募者多数の場合は、抽選となります。

 ※抽選の結果については、8/2(金)までに、メールにてご連絡させていただきます。

 

  •  お申込フォームはこちら

  http://bit.ly/2xu78Md

 

  •  メールでのお申込はこちら

  下記内容を記載し、みんな電力宛(enect@minden.co.jp)にメールでご連絡ください。

==============ここから======================================

【タイトル】

高遠さくら発電所見学ツアー参加希望

 

【本文】

  • (A)バスツアー / (B)現地集合・解散 ※どちらか選択
  • ご連絡先情報

・契約者氏名:

・当日連絡のつく電話番号:

・メールアドレス:

・参加人数(2名まで):大人   名   子ども   名

   同行者様氏名(年齢):     (  才)

  • コメント(ある場合):

==============ここまで======================================

サービス

「顔の見える」マイページがリニューアル!おすすめポイントのご紹介

7/9にみんな電力のマイページが大幅リニューアル!
「あなたのコンセントの向こう」をテーマに、デザインだけでなく「顔の見えるでんき」を実感してもらえるようなコンテンツが追加となりました。
新マイページのおすすめポイントをご紹介します。

 

 

新マイページはこちら!

https://portal.minden.co.jp

 

トップページ


毎日使うコンセントの向こうは、発電所につながっています。
マイページを開くと、現在あなたが応援している発電所の写真が大きく表示されます。訪ねる度に、電気の生産者に思いを馳せていただけたら嬉しいです。発電所の「応援履歴」もこちらからアクセスできます。
またトップページでは、「ご利用状況」であなたの電気の情報がすぐにわかります。毎日の電力使用量、直近1週間の合計使用量、請求額などの情報を見る事ができるため、時間帯や季節によってどのくらいの電気を使用しているのか知り、節電などに繋げていただけたらと思います。

 

発電所一覧


トップページ中ほどの「発電所一覧へ」からアクセスできます

発電方法、特典などで発電所を絞り込むことができるようになり、応援したい発電所を探しやすくなりました。
発電所検索欄では、「応援済」で絞り込むと、これまで応援した発電所を表示することもできます。
今後も様々な「顔の見える発電所」が増えていく予定です。
月々の電気代の支払先を、ご自身で選ぶ楽しさを感じてみてください!

 

速報ポップアップ


画面左下でクルクルしているものにお気付きになられたでしょうか?
ここには最新の電力使用量30分値や、今一番の旬な情報が表示されます。
たまにマスコットキャラクターはちべえくんのつぶやきも(!?)

 

応援履歴

トップページ「応援履歴へ」ボタンからアクセスできます

これまでのあなたの発電所応援履歴が掲載されています!
現在の応援、来月の応援もこちらでチェックできます。
同じ発電所をずっと応援するのもいいですし、毎月応援する発電所を変えてみるのも面白いと思います。
あなただけの応援コレクションになりますので、ぜひ発電所の応援をしてみてください!

 

使用量/料金グラフ

トップページ右上「MENU」クリックにて表示される「アカウントサービス」より、「電気のご利用状況」をクリックします。

大変長らくお待たせいたしました!アンケートを通じて、お客様から「電力使用量のグラフを見たい」というご意見をいただき、今回のリニューアルで追加となりました。
グラフは「年(月ごと)/月(日ごと)/日(30分ごと)」と表示を変えることができ、電力使用量にくわえて電気料金も確認できます!

 

新マイページでは、これからもワクワクを感じられるような機能の追加を予定しております。

ぜひご感想やご要望など、お声をお聞かせいただけたら幸いです。

▼お問い合わせ(ご感想お待ちしております!)
https://portal.minden.co.jp/contact

 

▼新マイページはこちら
https://portal.minden.co.jp

発電所

みさき未来コットン種蒔きイベント@福島県南相馬市

「顔の見えるでんき」のひとつである、福島県南相馬市のみさき未来 三浦広志さんを訪問しました。

 

みさき未来代表の三浦さん

 

三浦さんは、震災前に南相馬市小高区井田川で専業農家として合鴨米やネギ・ホウレンソウ等の有機野菜の栽培、採卵鶏やヤギなどの家畜を飼育していました。震災後は福島第一原発から12kmほどの地域であった為に強制避難となり、避難所や仮設住宅で3年ほど暮らした後、福島県浜通りの新地町に居を構えました。元の家があった津波跡地に設置した太陽光発電設備からの売電収入を活用して、2016年7月避難指示解除になった南相馬市小高区で、農業の復活に取り組んでいます。

 

みんな電力「ENECT」での三浦さんインタビュー(全3回)はこちら。

第1回 第2回 第3回

 

 

太陽光発電設備と畑

 

遠くから見ると平坦な農地ですが、近づいて見るとかなり凸凹が残っている事が分かります。津波により土がえぐられた痕で、その時に運ばれて来た岩を取り除く作業だけでも大変だったそうです。現在でも、地域の大部分の土地は当時の様子を留めています。

 

  

 

三浦さんの太陽光発電所から川を挟んだ土地では、大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設が進められていました。

 

 

風が織るオーガニックコットンプロジェクト

 

今回は、三浦さんが取り組む新たなプロジェクトのイベントに参加させて頂きました。

 

 

このプロジェクトは、東日本大震災で津波による塩害を被った地域に風力発電所を建設し、その下の土地でコットンを育てようというものです。三浦さんが設立に関わる合同会社SUSKENERGY(サスケナジー)が行うもので、津波の塩害を受けて一般的な農作物の栽培が困難となる中で、影響を受けにくいコットンの栽培による農地の復活と、風力発電の売電収入による経済の活性化を目指します。設立には、三浦さんの他にも元GE(ゼネラル・エレクトリック)の渡邊千春さん、株式会社アバンティの渡邊智恵子さんらが関わります。

そして、私は3回目となるコットン種播きイベントの前日にお邪魔しました。現地に到着すると、みさき未来の皆さんが準備をしている最中でした。

 

マルチ張り

 

コットンの種

 

水に浸して、眠っている種を目覚めさせます

 

イベント当日 

当日は、東京からバスで参加の約40人を含む100人超の方が参加されました。

 

種の蒔き方の説明をする三浦さん


皆さん熱心に種蒔き中

 

種蒔きの後は、昼食のBBQ!

 

 

美味しいお肉と新鮮な野菜に、皆さん自然と笑顔に。

 

 

そして、今回はゲストとして南相馬トモダチプロジェクトの子供達がダンスパフォーマンスを披露してくれました!

 

 

トモダチプロジェクトとは

福島県南相馬市と東京都杉並区の子どもたちが、ダンス、歌、お芝居のレッスンを通して交流し、ひとつの舞台をつくりあげるプロジェクトです。

 

間近でみるキレのある動きはかなりの迫力でした!

 

 

 

 

 

10曲ほど歌とダンスを披露した後で、未来への希望が込められた新曲「なじょすっぺ」でイベントを締めくくってくれました!

(なじょすっぺは、東北地方の方言で「どうしよう?」の意味)

 

コットンの収穫は10~12月の予定です

 

10月~12月にはコットンの収穫祭が行われる予定です。また、それまでの期間のコットンのお世話お手伝いも受け付けていますので、お近くにお出かけの際は是非ご参加ください!

 

 

三浦さんと一緒に活動されるご家族の皆さん

 

次回はコットンの収穫の様子をレポートする予定です。お楽しみに!

 

三浦さんの発電所詳細はこちら

みさき太陽光発電所Ⅴ