みんな電力のSDGs達成に向けた取り組み / 個人のお客様 / みんな電力

BLOG

その他

みんな電力のSDGs達成に向けた取り組み

持続可能な開発目標(SDGs)とは

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

 

出典:外務省 JAPAN SDGs Action Platform

https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html

みんな電力のSDGs達成に向けた取り組み

みんな電力は、地球温暖化に最も影響を与えているといわれる二酸化炭素を排出しない、再生可能エネルギーを提供しています。さらに、ブロックチェーンや「発電所の応援」制度で、電力の生産者と消費者(需要家)をつなぎ、透明性の高い電力販売を実現しています。また、誰もが電力をつくって販売し、富を得ることができる社会を目指しています。

 

電力小売事業

※一般社団法人八王子協同エネルギー 第3号機 かあさん牛のヨーグルト工房発電所

 

みんな電力は、誰もが電力をつくって販売できる社会を実現することで富が分配され、貧困の解消に寄与すると考えています。また、個人消費者が電気代から100円を発電所に寄付できる「発電所の応援」制度を設けています。災害発生時はこの制度を利用し、被災地の発電所支援を呼びかけています。

 

***

 

※五島フローティングウィンドパワー 崎山沖2MW浮体式洋上風力発電所

 

行きすぎた開発によって一部の発電所では、景観を損ねたり環境破壊が起こったりしています。みんな電力では、そのような発電所との取引を防ぐため、深刻な環境破壊がないか、地域と調和しているか等の確認を行っています。

個人のお客さま向けには、定期的に発電所見学ツアーを行い、自身の目でご確認いただける機会を設けています。

 

***

 

みんな電力の電源構成は、再生可能エネルギー+FIT電気比率が77.2%と国内トップクラスです。また、プレミアム100プラン(法人はRE100プラン)は再生可能エネルギー100%で、地球温暖化に最も影響を与えているといわれる二酸化炭素の排出量がゼロです。

 

新電力支援事業

みんな電力は、自社開発のシステム「ENECTION」のレンタルや、新電力運営・各種コンサルティングにより、新電力会社の新規参入や課題解決を支援しています。

 

SDGs関連受賞歴

グッドライフアワード(環境省):最優秀賞

 

グリーン購入大賞(環境省):大賞・経済産業大臣賞

 

SIT for SDGsアワード(科学技術振興機構・文科省):準グランプリ

 

デトロイト トウシュ トーマツ  リミテッド2019年日本テクノロジーFast50:23位

 

講演・シンポジウム等

今こそ教育現場から気候変動対策を!――RE Action For Teachers

ブログ一覧を見る

CATEGORY

ARCHIVES